弁護士というのは、検察官や裁判官と同様に、国家試験である司法試験に合格し、その後に最高裁判所が設置する研修施設である司法研修所を修了して、弁護士会への登録を行った人のことを指します。
そのため、弁護士法とよばれる法律にもとづき、法律業務を全般的に取り扱うことができるものとされており、その範囲については特に制限が設けられていません。
いっぽう、司法書士については、同じく国家試験の合格者ではあるものの、法務局で行っている登記・供託の手続きの代理や、裁判所などに提出する書類の作成などが本来の業務とされているため、その範囲においてのみの活動が許されているという、明確な違いがあります。
しかし、同じ司法書士であっても、一定の研修を受けて法務省から認定された人については、弁護士が行う紛争処理業務のなかでも、140万円以下の簡易裁判所での訴訟の代理などに限って取り扱うことが可能となっており、弁護士制度を補完するような役目を担っています。
一般的に、弁護士よりも認定司法書士のほうが、手続きなどを依頼したときの報酬が低額で済む場合が多いため、借金を重ねた人の債務整理や過払い金請求などの事案を中心とした需要があるといえます。