自己破産や民事再生の申立てする場合に弁護士に依頼するのか司法書士に依頼するかでは立場に違いがでます。
弁護士は代理人ですが、司法書士は訴訟代理人にはなれないため書類作成代理人ということになります。
実際は司法書士は書類を作成するだけではなく書類提出や裁判所からの問い合わせなどにも対応しますが、あくまで債務者本人が申立て人になります。
破産や免責の審尋の時には弁護士が代理人の場合は本人は出廷しませんが、司法書士が代理人の場合は本人が裁判官の質問の受け答えをしなければなりません。
質問自体は簡単なものですが、免責不許可事由がある場合や資産があり管財事件となる場合、個人事業者などで破産申立以外にも訴訟などが起こりそうな場合には本人では対応が大変になるため弁護士を代理人にしたほうが良いといえます。
民事再生は手続きが複雑なため、再生計画案を作成する際に助言を行う再生委員として弁護士の選任を地方裁判所が命じることがあります。
その費用は数十万円かかりますが申立て人が支払わなければなりません。
多くの裁判所では弁護士が代理人の場合には再生委員が選任されませんのでその分の費用が少なくて済むというメリットがあります。